自分だけのiPhoneのカバーを作ろう


ようやく手にしたiPhoneに、何か保護カバーをしたいと思うのは当然のことです。せっかく購入したと言うのに、落として壊れてしまったりしたら修理代などでかなりの金額を取られてしまうことになります。そんなことを考えてカバーなどの購入に出かけるわけですが、あまり自分の好みのものがないと言う人もやはりいたりします。そういう時には、思い切って手作りしてみるのもいいでしょう。手作りと言うと、かなり難しいのではと思わずためらう人もいるかもしれませんが、実際にやってみるとそれほどでもありません。意外と簡単に出来て驚くぐらいでしょう。例えば、無地のタイプのものを購入してきて、それの型紙を取って、そこに好きな柄や有名人、きれいな風景写真などを印刷して一緒にまたはめ込むだけで自分だけのオリジナルの物が出来てしまいます。シールだといちいちはがしたりする必要がありますが、この場合は柄を変えようと思えば紙を入れ替えるだけで済むので簡単です。こうして使うiPhoneはまた、気分も違って使えることは間違いありません。自分自身だけのオリジナルと言うだけで、なんだかわくわくしてしまいます。友人知人でもこうした手作業が得意な人がいれば、見せ合いなどをしても楽しめることは間違いありません。毎日使うiPhoneだからこそ、より使って楽しいと思えるようにカバーなどを工夫していくことで、また一層楽しく使っていくことが出来るでしょう。